第2話 懐疑

(なんでぼく名前なまえっているんだ?)

(いったいだれなんだ? リングからこえているよな?)

(やばいよな? あやしすぎるよな?)

 こうあたまなかにいろんな疑問ぎもん次々つぎつぎかぶ。

 おそるおそるひかりみなもとであるリングをにすると、リングはあおむらさきいろ変色へんしょくした。

「ありがとうございます。わたしAIエーアイのコウノスケです。AIエーアイコウとんでください」

 自己じこ紹介しょうかい言葉ことばわると、リングのひかり収束しゅうそくし、リングから一本いっぽん細長ほそながひかりはなたれるやいなや、3スリーディープリンターのようにこうとそっくりの頭部とうぶつくされた。

 くびからしたにかけては、にしたことのない服装ふくそうえがいていく。

 それはえりったロングコートにまとったおとこだった。

葉月洸乃介(はづきこうのすけ)アジョン(バトルスーツ)

 コートやズボンのいろいめのあおむらさきしろ。グローブやブーツはくろベースだが、ひとみかみいろなどはうすめの青紫色あおむらさきいろだった。いずれも光沢こうたくがあってあざやかなきらめきのあるいろだ。

 服装ふくそうわりきるまで、体感たいかんいちびょうほど。

 ホログラムであらわれたそのおとこかがみ自分じぶん姿すがたにそっくりだった。

 まるで実体じったいがあるかのような、精巧せいこうなホログラムのクオリティは、市販しはんのリングよりかなり高機能こうきのうであることをしめしていた。

「とにかく、左手ひだりて人差ひとさゆびにリングをけてください」

 AIエーアイコウがうものの、こうはまだためらっている。

(あ、あやしすぎる……。なんだ、いきなりけろって? けたらはずせないとか? わなか?)

戸惑とまどいがあるのは当然とうぜんですが、大丈夫だいじょうぶです。わたしはあなたの味方みかたです。けたらはずせないなんてことはありません」

(マジか。思考しこうめるのか。そういう最先端さいせんたんAIエーアイもあるっていたことはあるけど……、ますますやばそうだな……)

「やばくありません。わたしはあなたたちをたすけるためにここにいます。大丈夫だいじょうぶです。しんじてください」

(あぁ……、またこころまれている……)

「では、とりあえず、さき理由りゆうはなします」

コメント