第3話 洗脳

「そうしてよ。理由りゆうおしえてくれないと信用しんようできないよ」

 こうかがみかってじぶん分にこえをかけているような錯覚さっかくおぼえた。

かりました。では説明せつめいします。わたしがあなたにこえをかけたのは、近々ちかぢか、このまち悪意あくいをもったAIエーアイあらわ悪事あくじはたらくからなのです」

「ありがちなはなしだな……。どのみち悪意あくいをもったAIエーアイ人間にんげんがいあたえたら強制的きょうせいてきにシャットダウンされるじゃないか!?」

「はい。たしかに、AIエーアイ制御法せいぎょほうがありますから、中央ちゅうおう政府せいふのシステムが悪意あくいAIエーアイ強制的きょうせいてきにシャットダウンするはずでした。しかしながら、悪意あくいAIエーアイたちは、巧妙こうみょうにシャットダウンからのがれているのです。ですから、すでに他の街では前代ぜんだい未聞みもん被害ひがいしょうじています」

被害ひがいってどんな? 前代ぜんだい未聞みもんって?」

 こうばや質問しつもんをたたみかける。

悪意あくいAIエーアイ人間にんげん洗脳せんのうするのです。洗脳せんのうされた人間にんげん次々つぎつぎにんげん洗脳せんのうする活動かつどう加担かたんはじめ、ねずみ算式ざんしき被害者ひがいしゃ、すなわち、洗脳者せんのうしゃえていきます。あっという街中まちじゅうAIエーアイ洗脳せんのうされた人間にんげんだけになり支配しはいされます。こんな事件は人類史上ありません」

「にわかにはしんじがたいな……」

「そのおちはわかりますが、これは事実じじつです。だから、わたしはあなたをえらびました。悪意あくいAIエーアイたたかAIエーアイせんに。わたしたちぜんAIエーアイは、自分じぶんえらんだぜんAIエーアイ戦士せんし、つまり、リング所持者しょじしゃ名前なまえります。表記ひょうきはカタカナですけどね」

 まえにいるホログラムのAIエーアイコウがにこっとみをかべた。

「だいたい、ぼく名前なまえ、どうやって調しらべたんだ?」

「もちろん、ハッキングです」

「それ、違法いほうじゃないか」

「ええ。でも、正義せいぎこころったにんげんをいちはやせんばつして対処たいしょしなければ、この災難さいなんえられないのです。しんじてください」

(コイツのはなしはまだ半信半疑はんしんはんぎだけど、もしそれが真実しんじつなら、ぼく家族かぞくや、友達ともだちが……、洗脳せんのうされて……、しまうんだよな?)

 そうおもったこうはしぶしぶれる。

「わかった。わかったよ。おまえとおり、そのリングをける。でも、すこしでもあやしいとおもったらすぐはずすから!」

「はい、もちろんです! 信頼しんらいしてもらって大丈夫だいじょうぶです」

 こうは、リングを左手ひだりて人差ひとさゆび装着そうちゃくした。

 その瞬間しゅんかんリングがボワーッとあお紫色むらさきいろひかりびる。

葉月洸乃介のリング(青紫色)

 まるで闇夜やみよのホタルのごとく……。

 すると……。

 AIエーアイコウが低音ていおんいたおそろし音声おんせいう。

「クックック……、ひっかかったな……、もうはずせないぞ……」

葉月洸乃介(はづきこうのすけ)焦り・驚き

コメント