第5話 取説

「では、いまから説明せつめいさせていただきます」

 こうはふてくされたかおだまっている。

「まず、このリングには電源でんげんのオン・オフはありません。常時じょうじ起動きどうしています。ボタンのうち、あおむらさきいろひかっているボタンをタップするか、『アジョン』とくちにすると、このわたしいまのようにホログラムで出現しゅつげんします。このホログラムはリングしょしゃの『だいにん』というで『アジョン』といいます」

「ふむ……、たしか、代理人だいりにんってエージェントとうんじゃなかったっけ? なにかの映画えいがおくがあるけど……」

英語えいごではそうなりますね。アジョンはフランスです。はなしもどしますね。てきたたかうバトルフィールドがいでは、いまのように自分じぶんとはべつ実体じったいのようにたり、はなしたりできますが、バトルがはじまると、リング所持者しょじしゃどうします。どうすると、ぶんからだうごかすようにアジョンをうごかせます。ですが……、ほかのアジョンなどのてきこうげきするあいは、『スキルめい』を発声はっせいしなければなりません」

「バーチャルリアリティゲームによくあるかたちだね。でも、発声はっせいしないとわざないよう旧式きゅうしきのゲームでもかったよ?」

「はい、これもAIエーアイせいぎょほうからしょうじる制約せいやくになります。AIエーアイ自体じたい直接ちょくせつ人間にんげん攻撃こうげきしていなくても、人間にんげん危害きがいくわえているのと同視どうしされる場合ばあいは、中央ちゅうおう政府せいふのシステムにより強制的きょうせいてきにシャットダウンされます。だから、リング所持者しょじしゃであるひと命令めいれいしないと、アジョンは攻撃こうげきできない仕様しようになっています。いまみたいに人工じんこう知能ちのうとして会話かいわ十分じゅうぶんできますけどね」

「なるほど。ややこしいけど……、人間にんげんAIエーアイへ、または人間にんげん人間にんげん攻撃こうげきしているかたちになればオーケーってことだね」

「そうです。さすがこうさん。みがはやいですね。せつめいつづけますよ。リング所持者しょじしゃは、レベルにおうじたつよさのわざ『スキル』を発動はつどうさせて攻撃こうげきすることができます。たとえば、ほのお属性ぞくせいこうさんなら、『テヲヤク(く)』とこえしてえば、その意味いみにちなんだほのお属性ぞくせいのスキルが発動はつどうします」

テヲヤク(手を焼く)面倒で厄介な炎の攻撃

「意味にちなんだスキルになるんだ……、マジか……」

「はい。初期値しょきちこうさんでも、ほかに、『――』とか、『――』などのスキルもありますよ」

コメント