第7話 一蓮托生

「テヘ。なんてね。すみません、またもやプチドッキリです」

 AIエーアイコウの声色こわいろもどる。

はなしながくなったので、ひとまずトリセツについてはこのあたりでやめておきますね」

 アジョンのAIエーアイコウが親指おやゆびでグッドのジェスチャーをしてニッとほほんでう。

 こう多少たしょういらだちをおぼえたが、それ以上いじょうこころまれていることにおどろいた。

なんとかつくわらいをしながら、親指おやゆびでグッドのジェスチャーをしてこたえる。

「サ、サンキュー……」

こうさん、これからはわたし運命うんめい共同体きょうどうたいです。一緒いっしょにこのまちまもりましょう! なにかごめいてんがあればしつおうとうけいしきでいきましょう」

「うん、わかった。そもそも、なんでおまえまちまもになったの? おまえAIエーアイだから関係かんけいないだろ?」

「そんなこと、説明せつめいするまでもないでしょう? AIエーアイはもともと人間にんげんのために発明はつめいされた人工じんこう知能ちのうなんですから、人間にんげんがいなくなると存在そんざい意義いぎがなくなります」

「それもそうだ。でも、それなら、なおさら、本来ほんらい人類じんるい支配しはいするAIエーアイなんてあらわれるはずがないよね? 悪意あくいのある人間にんげん意図的いとてきつくらないかぎり……」

「いや、それが本当ほんとうからないのです。AIエーアイ人為的じんいてき原因げんいん暴走ぼうそうしたのか、ほか原因げんいん暴走ぼうそうしたのか。あやつっているにんげんがいるのかどうかさえ……」

「そか……。なぞばかりなんだね……。まだきたいことがあるんだけど、いい?」

「なんでもいてください。わたしこうさんは、もう一蓮托生いちれんたくしょう関係かんけいです。もんにはなんでもおこたえしますから」

「どうしてどものぼくえらんだの? 大人おとなほうまちまもれるのうせいがるだろ?」

「それには明確めいかく回答かいとう可能かのうです。はじめは大人おとな戦士せんしもいたのです。ですが、いまはもう……」

コメント