教材小説(童話絵本)を第1話から読むならこちら
第3回KokuPro大賞~イラストコンテスト(公募企画)

第3回の締切は4月末日24時です!
第2回の結果発表ページリンクあり!

詳細はこちら

語彙力アップ教材としての小説制作プロジェクト

はじめに(作者より)

 私は、塾講師、家庭教師等の教育業界の仕事に長年従事してまいりました。

 昨今、子ども達の語彙力の低下に危機感を持ち始めました。その背景には、子ども達の活字離れがあるのですが、ただ単に活字の書籍を読まなくなっただけにとどまらず、漫画さえ読まない子が増えたために、語彙力の低下は加速度を増して進んでいると懸念しています。

 この現象は、すでに多くの方が指摘し、懸念されてきた問題ですが、他方で「スマホを肌身離さず所持して閲覧しているから、活字離れはありえない!」という反対意見も散見されます。

 ネット上の情報は玉石混交だと言いますが、一般の方が感覚的におっしゃっているものもあって一層の危機感を感じます。

 教育の現場実感や、国語の成績等のデータ等をもとにしている意見の方が信ぴょう性が高いはずです。実際、若者の活字離れはあります。それは単に活字書籍を読まないという意味にとどまらず、語彙力の低下からか、文字の読み飛ばし(ウェブサイトでも文字があると避けたり、文字の箇所を読まない)現象があると確信しています。

 アニメ、動画、ゲームに熱中し、活字に触れる機会が大幅に減ってしまった現代の子どもたちが、楽しんで語彙力をつけるためにどうするのが最善か、長年考えてきた結果、活字書籍を読まないお子さんの語彙力アップの一番の理想は…

 ①アニメや動画にはまる。
  ↓
 ②その原作になる漫画や小説を読む。

 ではないか、という結論に辿り着くに至っています。

 勿論、活字の本を読むお子さんや、そこまで読書はできないものの漫画等を読むことで語彙力があれば、わざわざ迂遠な取り組みをする必要はないと思います。

※実際、鬼滅の刃ブームで、鬼滅の刃の漫画はもちろん、小説まで読むようになったお子さんがたくさんいると聞いています。

 当サイトに掲載されている小説・ライトノベルは、絵本と小説の中間のような構成をとり、とにかく楽しみながら、できるかぎり効率よく語彙力アップしててもらえるものにしています。

 ですので、当サイトに掲載している小説・ライトノベルを語彙力アップ教材として活用していただければ幸いです。そして、私自身は、執筆自体もさることながら、あらゆる手段を試しつつ、書籍化(小説として出版)、コミカライズ(漫画化)、アニメ化を目標として邁進していくつもりです。最低限、教材小説として多くの人に活用してもらえるよう、『この本で中学受験、高校受験に必要な語彙はすべて学べる』ものに完成させます。

 そのためには、ストーリーが面白いことも必須条件なので、楽しく読んでもらえるよう、日々改善していきたいと思います。

2021年1月加筆・修正
サイト管理人兼プロジェクト代表者けーすけ

当サイトの価値

語彙力アップのための教材小説の中の『AI暴走中!~暴走する悪意のAIに少年と少女と猫がコトバの魔法で挑みます!』のストーリーだけであれば、各種web小説サイトにも掲載していますが、語句の意味を掲載し、語彙力アップ教材として適しているのは、当サイト(横書き)と、後日販売予定の電子書籍(縦書き)のみになります。ブックマークなどよろしくお願いいたします。

小説本編メニュー

  第1章 ~Chapter1~  

AI暴走中!
~暴走する悪意のAIに少年と少女と猫がコトバの魔法で挑みます!

SNSサイト

イラスト関連Twitter
https://twitter.com/fl_sprt

電子書籍版の掲載サイト

 電子書籍版(縦書き)が完成しましたら、当サイトでも紹介いたします。